【Netflix映画】ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説【解説 考察 :真実は闇の中】

ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説

製作

2019年アメリカ映画

よくわからなかった
人が書いた感想です。

監督

マーティン・スコセッシ
・タクシードライバー
グッドフェローズ
・ミーン・ストリート
・エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事

キャスト

ボブ・ディラン
サム・シェパード
・8月の家族たち
・ブラックホーク・ダウン
・ライトスタッフ
MUD -マッド-
シャロン・ストーン
・氷の微笑
カジノ
・クイック&デッド
・硝子の塔
マイケル・マーフィー
・マンハッタン
・ナッシュビル
・アウェイ・フロム・ハー君を想う

あらすじ

1975年アメリカ。
ボブ・ディランのコンサート・ツアー『ローリング・サンダー・レヴュー』の映像を再構成し、
本ツアーとはなんだったのかを描く。

2019年8月7日自宅Netflix鑑賞 2019年63本目



結局よくわからなかった

いやまぁ。洋楽は結構好きだけど、英語は理解できない。
ボブ・ディランはベストアルバムと00年代のを少し聞いたり、
『アイム・ノット・ゼア』も見たので大丈夫だろ。
監督大好きなマーティン・スコセッシだし!
というわけでNetflixオリジナルを見ようにドキュメンタリー映画は避けてたけど、
今回見て見た。

うん。結局よくわからなかった。

まず楽曲がよくわからないが、

ノーベル賞を取るのが理解できるぐらいには詩人としてのボブ・ディランに感動

いやまぁ痛いなと思いますが、それは思った。

このローリング・サンダー・レヴュー。
レヴューの意味って演芸演目だと思われ。

アメリカ建国200年の節目で始めた興行よりも精神を重視したボブ・ディランとその仲間たちの
アーティストと一緒にかなり自由な演目でライブ活動をして、
挙句にスタジオツアー的な要素は一切なく、公民館とかのホールやら市民ホールぐらいのレベルで、
強引に興行していて、資本主義的なアメリカとは違う、
演芸としての自身の立ち位置を常に明確してきたーーーというのか?

それに興奮する人々も現代の視点で、1975年時代にいかに熱狂をしていたかを語るパートもあり、
それが2時間20分もあるかなり強烈な映画。
当時の思想やらはやや薄いが、そこで見えてくるボブ・ディランのレジェンドっぷりがすごいのかなぁと思いきや。

実はモキュメンタリー

当時の映像を再構成はしているが、これがそのまま当時の映像とリンクした内容ではないということが、鑑賞後に知る。
ウィキペディアを読んで知ったわけ。

今作には脚本家がいて、
インタビューを回答する彼らは、ほとんど偽物。
シャーリズ・セロンは本人でライブにも参加しているが、
実際に彼女はボブ・ディランとは会っていない。
政治家の人がライブに行ったというが、あれは俳優さんの仕込み映像。

結局このローリング・サンダーという演目はなんなのか?全くわからない。
当時何がやりたかったか、当時のボブ・ディランは何者だったのか?
それ自体もわからない、逸話としての象徴や概念に当時からなりつつあったボブ・ディラン。
やたら真っ白なメイクをしているのは同時に映画撮影をしていた裏側があるのだが、
それも描かれることはなく、
建国200年をどうとかこうとかで各地を巡るボブ・ディランの自由すぎる精神に
ただただ眺めることで、見えてくるようなこないような、
そして過密日程を難なくこなすボブ・ディランのライブ精神、
最終盤でライブ活動を何十年も行い続けるそのアーティスト精神。
結局よくわからなかったのです。

今回は全くよくわからなかったので未採点。

やっぱりドキュメンタリー映画は苦手だ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

Netflix独占配信作品感想一覧

1.○【67点】バッドママ【映画感想 ママコメディ】○
2.◯【76点】ROMA/ローマ【映像全てが美しい写真のよう】◯
3.△【61点】バスターのバラード【コーエン兄弟の自由な映画製作】△
4.【海外アニメ】リック・アンド・モーティ シーズン3【面白すぎる】
5.◎【83点】ブラック・ミラー: バンダースナッチ【あなたが物語を選びトゥルーエンドにたどり着け】◎
6.【海外ドラマ】ラブ、デス&ロボット【ネタバレ感想:全話簡易レビュー】
7.△【47点】ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー【Netflix】△
8.【Netflix】ULTRAMAN【漫画のアニメ化ネタバレ感想】
9.【海外ドラマ】デアデビル【感想】
10.【海外ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ【感想】
11.【海外ドラマ】ストレンジャー・シングス シーズン3【解説 考察:7センチ以上ドアを開けてくれ】
12.◯【Netflix映画:71点】マッドバウンド 哀しき友情【解説 考察 :見たことない描写に感動】◯
13.【Netflix映画】ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説【解説 考察 :真実は闇の中】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA