△【62点】ハッピー・デス・デイ 2U【解説 考察 :SFヒューマンでRound2】△

ハッピー・デス・デイ 2U

製作

2019年アメリカ映画

続編は
スプラッターというよりSFラブコメディ

製作

ジェイソン・ブラム
・パラノーマル・アクティビティ
セッション
・ゲット・アウト
・パージ

監督

クリストファー・ランドン
・パラノーマル・アクティビティ/呪いの印
・ゾンビワールドへようこそ
ハッピー・デス・デイ

あらすじ

現代のアメリカ、9月19日。
性悪ビッチだったトリーは殺される日常を繰り返していたが、
真犯人のルームメイトを殺害することでループから脱出。

しかしループは別の人間に移っていた。
カーターのルームメイトのライアンはその日車で目覚める。
寮に戻るとトリートいちゃつくカーターがいた。
追い出されたライアンは、研究室にて校長先生に予算削減の為、
意味不明な実験を繰り返すライアンたちの研究の打ち切りを指示。
その日の後でライアンは、暗がりに潜む何者かに襲われ殺されてしまう。

しかし殺されたはずのライアンは車の中で目が覚める。
そして自分が同じ日をたどっていることをトリーとカーターに告げる。
トリーはそれが自身が体験した殺人事件と一緒であることを告げ、
ライアンのループを止める手伝いをすべく殺人鬼を捕まえようとする。

うまく殺人鬼を捕まえた3人だったが、
その正体はライアンと同じ外見の人だった。
意識を取り戻したもう1人のライアンは、
自らを別次元からやってきたライアンだと告げ、
実験の結果により別次元に来てしまったライアンは、
同じ次元に2人のライアンがいると問題が起きるためライアンを殺しに来たという。
その最中に校長先生が襲来。
ライアンは、別次元のライアンを殺すために、装置を起動させるが、
装置が暴走してしまう。

トリーは目覚めると9月18日だった。
トリーは同じ自分が殺される日に戻ってきてしまったと思い、
ライアンを捕まえて自分を殺すロリに会いに行くが、
ロリは毒入りカップケーキはなく、
どうやらトリーは別次元に来てしまったことを知り、
自分のいた次元とは違うため、ところどころ違うことに気づく。
愛するカーターはソロリティの長の恋人。
ロリは自分を恨んでいない。
この世界の違いに戸惑う彼女は、一番の違いである母親の生存に戸惑いと嬉しさに涙を流す。
しかし病院では連続殺人鬼が収容。
自身の死のループを止めるべく病院に向かうがやはり殺人鬼は現れる。
しかしロリもまた犯人の狂気に追われ殺されてしまいトリーもまた後を追って死んでしまい、
9月18日をやり直す。

このループを閉じてこの世界に残りたい彼女は、
ライアンとその仲間たちに依頼、
しかし方法はあるが方式はわからない。
その方式は実験をしてみないとわからない。
そこでトリーのループを逆に利用して成功パターンにたどり着くまで自殺をすることになる。

しかしトリーの体は徐々にダメージが蓄積していく、
そしてついにトリーはループを閉じる方程式を導く、
だがこの世界の自分は過去の記憶のない偽りの自分であることを理解する。
またこの世界ではロリが殺人鬼のターゲットであることを知った。
それを知ったカーターはロリを助けようと病院に行ってしまう。
そしてトリーは母親との日々を過ごす中、彼らの死を救うために、
実験を止めるために変電所に来るまで突撃して、自分の体がボロボロの中、
最後の1回と思える1日をやりなおす。

2020年3月21日AMAZON PRIME VIDEO自宅鑑賞 2020年17本目



1を見た直後についつい2も鑑賞

1観終わって2はどんな感じなんだぁとそのまま2を鑑賞。
この感覚学生時代を思い出す。

via GIPHY

2ではライアンのループがメインかと思いきや、
途中でまたもトリーにバトンタッチ。
しかも今度は同じ時間だけかと思いきや別次元でオルタナな世界でのループ。

前作とは違い殺人鬼に追われるスプラッターとは違い、
別次元で亡き母親の生きる世界にきたことで、
この世界に残るため、
自身の超能力である死んでも1日をやり直せる特殊能力を用いて、
この恐ろしいループを止めるため、ライアンたちが作った量子反応炉の成功パターンを導く。
しかしその彼女を待っていたのは、
死の運命から逃れることよりも愛する人々とこの世界と元の世界に葛藤する。
SFヒューマンものにシフトしている。

スケールは大きくなっているが、
ゆるいコメディ要素も盛り込まれた。

via GIPHY

上記のスプラッター要素もなくなり、サスペンスとしての味付け程度になっている。
また前作は『恋はデジャ・ブ』が強いオマージュだったが、
今作では過去が変えられてしまってパニックを起こしながら、
過去に戻る『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』を劇中で紹介しているので、
そっちがオマージュもとかもしれない。

前作よりもさらにキャラクターが増えて、ごちゃごちゃ感が増してしまって、
ドタバタ要素が増えていて少々見てて困ることもある。

演技力をためされるトリー

1ではワーキャー行ったり、復讐の鬼のようになったりと恐ろしいシナリオから、
パワフルで過剰な演技が調和するが、
今作ではコメディとヒューマン、ラブコメやらファミリーやら、
さらにはSFの要素も強くなって、総合サンプリング映画になってしまい、
主人公のトリーを注視することが多くなってきた。
全体的前作よりもコメディアンヌとしての立ち回りが多く、
よくよくみると老けてるなぁとか思ったりで大学生やるにはちょっとなぁと、
思ってしまう部分も強かった。
しかし何度も自殺しないといけない展開では『恋はデジャ・ブ』らしさも高まったか?

怖さよりも泣かせにくる部分もつよく、そこも結構よかったが。

回収できてない要素あり?

今作を見ていて、え?これどういうこと?
なんか設定おかしくない?というのは結構あった。

つまり1でのタイムループ現象はこの量子反応炉が原因で、
その影響を受けたトリーが死んでも死んでも1日をやり直せることになってしまったのか?
いやそれとも今作のライアンのように全ての人がこの影響を受けていて、
死ぬとその日をやり直してしまうのか?
そこの部分は謎だ。

また平行世界からやってきたライアンが2人の人物が存在し続ける限り、ループは閉じない。
と言っていたが、その部分も謎だったりする。
結局恐怖したライアンが、量子反応炉を起動させたことで、
トリーは別次元に移動してしまい。
映画が完結するともう1人のライアンは不在。

もしかしたら強力なエネルギーにより平行世界から来たライアンは
消滅してしまったのかもしれないが、そのことは一切描かない。

また別次元に移動してしまったトリー。
しかしその次元にいたトリーはどこへ行ってしまったのか?

過去の歴史に生きたトリーは消えた?
それとも意識だけが移動して、その間の記憶はなく、量子反応炉の爆発で、
別次元の彼女は記憶を取り戻すのか?

そういったSFのロジックがだいぶ崩壊している点は厳しい。

もしかしたら3作目でこの内容は描くかもしれないが、
政府の実験場に量子反応炉が移動してしまったので、
3はSF冒険ものとして凄まじく大きなスケールになるかもしれない。
過去の世界や未来の世界を旅するかもしれない???

あと1作目の停電の原因も量子反応炉ということだったのかもしれない???

観終わって多数の疑問を持ってしまったのが非常に惜しかった。

しかしこの日は、朝に『クローン・ウォーズ』を鑑賞して、
夕方までに『マンダロリアン』を一気見、
そして『ハッピー・デス・デイ』も2作鑑賞。
合計12時間は映像作品見ていて、翌日がっつり体調を崩しました。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 6/10
・映像のアプローチ 6/10
・映画の美術面 6/10
・キャラクターの魅力 6/10
・音楽 6/10
・上映時間と個人的趣味 6.8/10

62点

個人的にはライアンバージョンでループものでSF要素が加わる体の方が楽しめたと思う。

2作一緒に見た方が楽しめるのでそういう見方がおすすめです。

レンタル

created by Rinker
¥399 (2020/08/05 22:59:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥399 (2020/08/05 22:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

通販

created by Rinker
¥4,213 (2020/08/05 22:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事・広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA