◯【68点】アド・アストラ【解説 考察 :ブラピと宇宙行ってきました感】◯

アド・アストラ

製作

2019年アメリカ映画

ブラピとなら
宇宙に行きたいな。

監督

ジェームズ・グレイ
・エヴァの告白
・ロスト・シティZ 失われた黄金都市
・トゥー・ラバーズ

キャスト

ブラッド・ピット
Mr.&Mrs. スミス
マネーボール
ワールド・ウォーZ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

トミー・リー・ジョーンズ
・逃亡者
ノーカントリー
・ミッション・ワイルド
リンカーン
ジェイソン・ボーン

ドナルド・サザーランド
ハンガー・ゲーム2
・プライドと偏見
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
・M★A★S★H マッシュ

あらすじ

近未来の地球。
ある日突然のこと宇宙からの謎の電磁波によって、
地球の各地で電力供給機などがランダムに爆発。貴重なエネルギー源である大気圏付近のソーラーシステムが故障。
軍属の宇宙作業員のロイ(ブラッド・ピット)は作業中に間一髪助かる。
地球の地表もまた多数の爆発被害が乱発し、人類が危機に瀕する。

ロイの父親のクリフォード(トミー・リー・ジョーンズ)は有名な宇宙飛行士だ。
クリフォードは地球外生命体探査のため、太陽系の地球から遥か遠い海王星方面に旅発ったが、16年前に連絡が途絶えて行方不明になっていた。
そして今回の事件の元凶がその海王星方面からの謎のエネルギーによることが懸念されていた。
そしてクリフォードはまだ生きている可能性があり。この事件の原因の一つであることが考えられ、
地球から止めるように指令を送るが、攻撃は止まらない。
軍は肉親として父親の暴走を止めさせるために、ロイに火星に向い、父親にメッセージを送信する極秘任務を与える。
その任務には父親の元同僚のブルーイット(ドナルド・サザーランド)も同行する。

月の基地に向かい、火星への船への乗り継ぎのために月面を移動していた一行だが、
そこに野盗が現れる。
逃走に成功し、基地にたどり着いたがブルーイットは体調を崩してしまい、同行は断念。
ブルーイットは、クリフォードにロイが宇宙の彼方で精神を病んでいる可能性を告げ、ロイが他の乗組員たちを殺した可能性を示唆し、
そして軍はロイがクリフォードの呼びかけに応じなかった場合、核攻撃によってクリフォードもろとも海王星付近にある探査船を破壊しようとしていた。
複雑な胸中のロイは火星へのシャトルに乗り出発。
しかし道中ノルウェーの宇宙ステーションから救難信号を受信し。。。

2019年9月21日劇場鑑賞 2019年77本目



ブラピプロデュースで一緒に宇宙旅行をしよう

via GIPHY

批評家評価のメタスコア80点という高評価の本作。
しかし宣伝広告はディズニーがフォックスを買収したせいかかなりひっそりとしており、
全米公開前に日本でも公開。

製作会社というかプロデューサーはブラッド・ピットことプランBエンターテインメント。
エンタメ系映画というよりは、社会風刺的な作風の作品を制作することが多く、
『ムーンライト』『それでも夜は明ける』で作品賞を受賞している。
しかしフィルモグラフィを見ても2013年の『キック・アス』の続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』以降は
全くエンタメ色の高い映画は制作していない。
実際に自然や宇宙などのドキュメンタリー映像関係もプロデュース(監督はテレンス・マリック)し、
黒人の差別問題などの映画に尽力。
『オクジャ』までプロデュースしており、『バイス』も制作などなど。
そんなブラッド・ピットが制作で宇宙に行って帰ってくるわけで、
そりゃあドキュメンタリータッチで宇宙そのもの対して批判的になるなぁとブログ記事を書いてみて改めて思った。

ブラピの心の声が観客を包み込む

ブラピのモノローグで、

「おれ超優秀な宇宙作業員で、精神分析テストもいつもパスできて、すっごいクールだけど、
 そのせいで嫁に愛想尽かされて寂しんだ。」

via GIPHY

って顔が無表情なのに対して、心の葛藤の声が聞こえてくるタイプの映画。
さらに宇宙の映像もとても美麗で、
それでいて宇宙空間の広大さに対しての狭く閉鎖的な船内でブラピがポツンだったりする映像が延々とつづき、
ブラピのモノローグが響く。
「親父生きてたのか。会いたいなぁ。」
とじっとクールキャラだった彼がだんだんと宇宙で起きるトラブルの数々で動揺していき、
人間性を取り戻していくわけです。

via GIPHY

このモノローグ、美麗すぎる宇宙の惑星群の映像、
さらには葛藤する姿のモンタージュなどがつづき、
どこかドキュメンタリー映画の趣が強く、

まるで『ツリー・オブ・ライフ』のような拷問的な講釈とどこか間延びし物語性の単調さがなかなかにしんどいわけで。。。

実は公開後、観客評価がどんどん落ちていって、
結局のところブラピ制作の映画として、宇宙が舞台でもやはりエンタメ要素は極力廃して、
アート性が高く、そして未来の宇宙開発に対して警報を鳴らすような生きづらさ。
そしてオチには宇宙という神秘に対して衝撃的な意見をぶっこんでくる。
仕事人間への完全な皮肉がすっごくて、
父との確執という物語というもの始祖を語り直し、
父という葛藤を超える、シンプルな作品。
そりゃまぁ、観客評価は落ちるし、
テレンス・マリックの影響下のある映像作品としてはやはり批評家は評価高くなりつつあるし、
確かにその経験は充分過ぎるほど生きているほど宇宙映像は綺麗だった。

宇宙空間を舞台にした映画として画期的

物語としてのシンプルさとモノローグ調でブラピファンとしてはありだったけども、
単調で間延びしているなぁと思ったわけですが、
それでも宇宙空間を生活圏、商業圏としての描きは画期的ですっごい素敵でした。
まあそれもプランBとして社会派的な冷笑的な側面もあると思うが、
月面の描写で、宇宙基地での空港描写が広告だらけで、観光地化しているビジョンなのが、

『トータルリコール』ぽくて胸熱。

またその後に、月面が国同士の陣取り合戦で紛争地帯化しているという斬新な設定からの
月面カーチェイスのむごたらしい死に様の数々。
どこか00年代のデスゲーム風の人類救系映画を彷彿させてくれて胸熱。
あのブラピ視点での音の解釈での映画表現。
真空描写がすっごく良い感じで、すっごく画期的。
この部分は本作でとても楽しかった。
その後の火星描写での、地球知らない感の独自発達して無機質で命のない感を視覚化した
建築のアート性と狂った精神安定描写がまた秀逸。

結局『ゼロ・グラビティ』と変わらぬ

見終わった感覚は行きて帰りし物語としての『ゼロ・グラビティ』と同じ、
主人公が今回の一件を通して再誕するという、

via GIPHY

セラピー映画として人間性を取り戻すわけでいろんな意味で一緒だったなぁ。
むしろ『ゼロ・グラビティ』はアトラクション映画としての体感型の側面も感じさせるソリッドもの、
こっちは少しエンタメに偏ってメタファー含めてのデスゲーム要素も出てきてしまい、
間延びしていた印象。
でもエース作業員のブラピが、仕事人間として精神異常をきたして、人間辞めていたけども、
この旅というか任務をとおして、トラウマの根源としての父と再会することで、
その道程で徐々に人間性を取り戻し、最後は壊れてしまった人間関係の象徴である離婚した妻と再会するという、

再誕ものとして、やっぱり似たり寄ったり

問題としてはその妻が確かにイケメンエース作業員のブラピとしても、
離婚してその相手と再会するってのもなんだか、彼女の人生がステレオタイプのメタファーの役割でしかないのが、
このご時世として問題なのではないかと思った。

そういえば『ファーストマン』も結局はほぼほぼ同じの男の再誕映画だった気がする。

こっちのブラピよりワンハリのブラピの方が好きでした

ブラピの演技としては『ワンス・アポン・タイム・イン・ハリウッド』の方が良かったな。
こっちは一人芝居ものとして感情のない冷血漢と宇宙空間での完全無欠無駄なき所作が良いのかもしれないけどもね。
エモい方が好き。デカプリオの演技が好き。

あとトミー・リー・ジョーンズのボケ老人演技もうまかった。
ドナルド・サザーランドがぼったくりブランケットを買わすおじさんでしかなくてびっくり。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 6/10
・映像のアプローチ 8/10
・映画の美術面 9/10
・キャラクターの魅力 6/10
・音楽 7/10
・上映時間と個人的趣味 6/10

68点

AMAZONレンタル

オーシャンズ13 (吹替版)
オーシャンズ13 (吹替版)

posted with amazlet at 19.10.05
(2013-11-26)
売り上げランキング: 9,194

AMAZON通販

ゼロ・グラビティ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2018-01-17)
売り上げランキング: 58,187
ファースト・マン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2019-07-03)
売り上げランキング: 3,133

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA