バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)のレビューです

バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)
アメリカ2012年アメリカ出版(2011-2012年の内容)

根底を揺るがす新シリーズ開幕!!
発売当初アメコミの邦訳の中でも最新と言っても過言ではないほど、アメコミ邦訳ものでは、本場アメリカに追いつくようなスピードで邦訳されたような思い出のある『梟の法廷』。
この『梟の法廷』は、リニューアルされたDCコミックのバットマンコミック第一巻なのだ!!
何も知らない人には今、書いたことが全く何を言っているかわからないと思うので色々と説明しようと思うが、このDCコミックというのは、まずワーナーブラザーズの傘下のコミック会社で、『アベンジャーズ』の『アイアンマン』を筆頭とするマーベルとはライバル関係にあり、マーベルは子供層をターゲットにしているが(中身はクソマニアックなオタク専用ツール)、このDCコミックといのはまず大人をターゲット層にしたコミック(初心者向け)なわけ。
そのDCコミックは、2011年の夏に『フラッシュポイント』という大イベント(フラッシュというヒーローのせいで、時空間がおかしくなって、本来の時間軸がめちゃめちゃになって、現実とは違う形にヒーローがなって壊滅的な世界でのお話で、フラッシュがそれを再構成して元に戻した。)が終わり、DCコミックは全てのヒーローコミックを一旦終了させ、新規に再構成して再スタートしたのだ。
その再構成、再スタート、のバットマンコミック(バットマンだけで4種類くらいある)の一巻がこの『梟の法廷』というわけ。
以上解説終了
今までのバットマンを覆す驚愕の展開。
この梟の法廷が、バットマンの敵であることは明白なわけだが、それがバットマンの活躍するゴッサムシティの本当の支配者だったという設定…。
これまでの70年の歴史を一気に揺るがす後乗せタイフーン。
ここに来て、新設定とオリジン要素に付け加える、驚愕の展開に自称バットマンファンのオレはビックリしたし、普通に不快だった。
ジョーカーとか大好きなオレですが、「コウモリの宿敵は梟なんだよ。」とか「私は昔両親が殺された原因が梟なんじゃないかと思って、調べたんだ。」とか急に言われてもすんなり受け入れることもできないし、疑いたい気持ちもあるし、物語にのめりこむこともできないわけで…。
初代ロビンも実はタロンになる予定だったとか言われてもテンションが落ちるしかないわけです。
ふざけんな!バットマンは梟なんかにゃ負けねえ!!
しかし本作は、仰々しいバットマンが描かれており、怪物にバットマンが成り果てたりするので、展開的には面白いし、バットマンらしいクレイジーな面白さもあったりする。
話の基本はイライラするのだが、盛り上がりはある。
絵は個人的にちょっと線が細くて、コマ割りが多くて、迫力に欠けるなぁーって思ったけども、いろいろと書き込まれていて、何度も読むことで、新たな発見がある。
どちらかと言えば、日本の漫画っぽい書き込みかな…。
ただアメコミのダイナミックさとカラフルさが好きなので、今作のブルースの顔面がどんどん廃人化していく、狂人面の強調具合はそんなにつぼにはまらなかった。
あとあからさまに首領っぽいのが最初から出ていて笑える。
そんで本書では第二巻が『梟の夜』になっているけども、二巻が『梟の街』で発売されてた…。
つまり日本では先に完結編が発売されてしまったので『梟の夜』読まないでも問題ない…。
ちなみに『梟の夜』は番外編のようなもので、『梟の法廷』中のバットマンの仲間たちの戦いが描かれている。特にナイトウィングが活躍しているようです。
まぁーそんな感じのレビューです。
結構絵がコミカルになってて、バットマンのごつくて威圧的で偏屈だけど意思の強さがあるような、本来の持ち味からはちょっと遠く、梟という強敵に心を病ませていく感じが色濃い…。
ジョーカーが不在ですが、その理由はわからないけども梟シリーズの次がジョーカーなので、ジョーカーも邦訳されると良いな。

自ブログ内『バットマン』関連記事リンク

キングダムカムを読みました。
ダークナイト・リターンズを読みました。
【アメコミ】バットマン・アンド・サン【感想】
【アメコミ】バットマン:ラーズ・アル・グールの復活【感想】
【アメコミ】バットマン:ブラックグローブ【感想】
【アメコミ】バットマン:R.I.P.【感想】
【アメコミ】バットマン:インコーポレイテッド【感想】
バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)のレビューです
【アメコミ】バットマン:梟の街(THE NEW 52!)【感想】
『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』のレビュー
『バットマン:喪われた絆 (THE NEW 52!) 』「ジョーカーとの戦いはやっぱ良い!!」
【アメコミ】バットマン:エンドゲーム(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】バットマン:アイ・アム・ゴッサム(DC UNIVERSE REBIRTH)【感想】
【感想】バットマン:HUSH 完全版【アメコミ】
【アメコミ】バットマン:キリングジョーク 完全版【感想】
【アメコミ】バットマン:ノーマンズ・ランド 1【感想】
【アメコミ】バットマン:マッドラブ 完全版【感想】
【感想】バットマン ビギンズ 「ビギンズは映画の時代を変えたと思う。」
★ダークナイト「最高のアメコミ映画だけでなく史上最狂の犯罪映画」 99点★
◯ダークナイト ライジング【IMAX版】 2012年度53本目◯
バットマン 2010年度75本目
☆バットマン リターンズ 2011年度2本目☆
『バットマン アーカム・アサイラム 』 攻略 完了!!

自ブログ内『ジャスティス・リーグ』関連記事リンク

【アメコミ】ジャスティス・リーグ:魔性の旅路(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】フォーエバー・イービル(THE NEW 52!)【レビュー】
【アメコミ】ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】ファイナル・クライシス Vol.1【感想/ガイド】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA