キングダムカムを読みました。

アメコミのキングダムカムを読みました。
雑誌のアルバイトに落ちて、落ち込んでいたので憂さ晴らしにそういった方面のもを手当たり次第に入手した感じでした、最初はダークナイト・リターンズを買って、バットマンにでもなってやろうか?なんて思ってましたが、強引に彼女にそっちを買わせ、その隣にあったキングダムカムに引き寄せられ、自分はそっちを買いました。
それがまた驚きの内容でして、DCコミックの商品でして、スパイダーマンだとかアイアンマンだとかは、マーベルになりまして、スーパーマンとバットマンを扱っている会社の作品です。
どちらかと言えば、ターゲット層は大人を意識していて、大部大人な内容です。
アメコミの販売形式は薄い冊子を定期的に敢行する位なのですが、時たまミニシリーズを行って、それの出来が良いと、単行本化され、最果ての日本には、翻訳されて、挙げ句に愛蔵版化されて、極太の本になって発売されるのです。
その一つがキングダムカムです。
すごい面白かったです。
この時までに読んだ、アメコミは、ウォッチメンとフロムヘルとバットマンラストエピソードとアーカムアサイラムですが、本作は初めてウォッチメンの存在を知った時、ウォッチメンの内容はきっとこんなんだろう!!という想像のヒーロー同士の戦いがふんだんに描かれた作品です。勿論、理知的にね。
内容は凄く。
世代交代したヒーローの物語です。
有名なヒーローたちは引退を決め、現在はその孫の世代がヒーローとして生活していたのだけど、そいつらの教育が行き届かないまま、自身の力に溺れて、害のある存在と化してしまうんですが、ついに大事故が起きて、引退の身で、一線を退いていた、ヒーローの中のリーダーであるスーパーマンがついに立ち上がり、若いヒーローと戦いけじめをつける話で、それを第三者的ポジションの司祭のじじいが、天使に最終戦争が始まると言われその一部始終を使いと一緒に見るのを描かれているわけです。
とりあえず本作を読んで、スーパーマンが好きになった。
あとラストは泣いた。(笑)
絵のタッチが現代的で実に馴染み易くて、コマ割りも現代的で、カッコいいし面白い。
正直これ、映画化して欲しい。
これ読んだら、バットマンVSスーパーマンもありうるなぁーと思ったし、エピローグも最高。
アメコミ。キングダム・カム 愛蔵版 3570円
興味があったら購入すべき、人生が変わること受け合い。

自ブログ内『バットマン』関連記事リンク

キングダムカムを読みました。
ダークナイト・リターンズを読みました。
【アメコミ】バットマン・アンド・サン【感想】
【アメコミ】バットマン:ラーズ・アル・グールの復活【感想】
【アメコミ】バットマン:ブラックグローブ【感想】
【アメコミ】バットマン:R.I.P.【感想】
【アメコミ】バットマン:インコーポレイテッド【感想】
バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)のレビューです
【アメコミ】バットマン:梟の街(THE NEW 52!)【感想】
『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』のレビュー
『バットマン:喪われた絆 (THE NEW 52!) 』「ジョーカーとの戦いはやっぱ良い!!」
【アメコミ】バットマン:エンドゲーム(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】バットマン:アイ・アム・ゴッサム(DC UNIVERSE REBIRTH)【感想】
【感想】バットマン:HUSH 完全版【アメコミ】
【アメコミ】バットマン:キリングジョーク 完全版【感想】
【アメコミ】バットマン:ノーマンズ・ランド 1【感想】
【アメコミ】バットマン:マッドラブ 完全版【感想】
【感想】バットマン ビギンズ 「ビギンズは映画の時代を変えたと思う。」
★ダークナイト「最高のアメコミ映画だけでなく史上最狂の犯罪映画」 99点★
◯ダークナイト ライジング【IMAX版】 2012年度53本目◯
バットマン 2010年度75本目
☆バットマン リターンズ 2011年度2本目☆
『バットマン アーカム・アサイラム 』 攻略 完了!!

自ブログ内『ジャスティス・リーグ』関連記事リンク

【アメコミ】ジャスティス・リーグ:魔性の旅路(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】フォーエバー・イービル(THE NEW 52!)【レビュー】
【アメコミ】ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ(THE NEW 52!)【感想】
【アメコミ】ファイナル・クライシス Vol.1【感想/ガイド】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA