『スパイダーマン:ワン・モア・デイ』を読破したので感想を。

スパイダーマン:ワン・モア・デイ

2007年11月ー2008年1月に連載されたスパイダーマンのコミックの一部の抜粋された本作。

あらすじ

危篤状態に陥ったスパイダーマンであるピーター・パーカーの叔母のメイ。
病院に連れて行ったピーターとその妻MJだったが、身分を偽っている彼らは病院に正当な扱いはされず、保険が効かないので莫大な料金が無ければ、満足な治療が得られない病院へ移送すると言われる。
ピーターはどうにかすべく奔走する。
金はなんとか用意できたのだが、メイを治すことができる人間はこの世界にはいなかった。
そんな時、メフィストというキャラクターがピーターにある取引を持ち掛ける。



ネタバレ有りの感想

『スパイダーマン:ブランニューデイ』が邦訳されてシリーズ化されると聞き、これまでスパイダーマンのコミックはまともに手をつけていなかったが、『シビル・ウォー』を読んだこともあるので購入して読んでみた。

この邦訳版は非常に質が悪い!!

あらすじを読んだ方なら、「なんだかおかしくないか、このあらすじ?」と思って頂いた方もいるのではないでしょうか?
それは、全く自分自身知らなかったのですが、これが『シビル・ウォー』の直後の話しではなく、その後にまた1つ話しがあり、それは文章としてあらすじとして書かれており本作のあらすじではないのです。

一応自分的な補足ですが、『シビル・ウォー』でスパイダーマンは自らの正体をマスコミに報道します。
これは、スーパーヒーローを政府に登録する制度が制定され、その中心人物のアイアンマンことトニー・スタークと仲良しだったからです。
でも結局はトニーのやり方に納得いかなかったピーターはトニーを裏切る。
その結果、スパイダーマンの家族であるメイおばさんとMJが命の危機に直面します。
そしてその結果、かつての宿敵に家族の命が狙われ、メイおばさんが重体になってしまう。
だったらそのあらすじ全部コミックで読ませろよふざんけんな!!
というのが第一印象。

そもそもその前日譚があるにも関わらず、それがコミックで読めなく、またそこでもピーターがブラック・スパイダーマンになって、
宿敵と戦うというのが無い。

『シビル・ウォー』での顛末、世間に正体がバレたスパイダーマンはどうなるのか?ということ。

本作はスパイダーマン版の『フラッシュ・ポイント』

『フラッシュ・ポイント』では、フラッシュが暴走した結果、DCのキャラクターたちの世界はおかしくなってしまい、
色々な史実から変化してしまう。
最後の最後で、それを戻したことにより、正史にはなったものの、DCの世界がリセットされるというお話だ。

本作もまさにそんな感じ。
しかもそれを『フラッシュ・ポイント』との変化の戸惑いや大決戦があるのとは違い、そのラストシーンの時空改変の瞬間だけ切り取られている。

その結果、スパイダーマンの世界は、1からリセットされることになり、死んだキャラクターが複数復活し、スパイダーマンの正体はまた秘密に戻り、ピーターとMJはまたお互いに結ばれない存在へと変わった。

それはまさしく『シビル・ウォー』という超人登録法案の影響の産物。
あれは本当に問題作だったなぁーと。
しかしスパイダーマンがリセットされたのは、分かるが、その他の作品は一体どうなるんだ?

辻褄的にも本作は、身勝手な作品であり、ヴィランも登場せず、いまいちイケメンでもないピーターが禁忌へと奔走する姿が印象的。
でもメイおばさんの方がMJより重要なのか?
しかしこの世界そのものが、もうどうしようもない息苦しい展開しか生まれないので編集の禁じ手か…。

スパイダーマンのコミック初心者には向いていないことは明白で、なんでこれ『アメイジング・スパイダーマン』の映画化に際して、こんな中途半端な部分だけ抜粋して邦訳したんだか。

またこれは本作とは関係ないが、マーベルはちょっと世界観が広大過ぎて、DCよりも読みづらい。
DCよりオタク的、マニア的な印象が強く、話しそのものもかなりオカルトっぽかったり、中身も薄い気がする。
ただ映画などは、敷居が逆に低かったりする。それは映画にある特定の原作を映画化するということはしないからか?
映画版の『アイアンマン』のトニーとコミックのトニーは大部キャラクターも違うのが顕著か?
でもせっかく『スパイダーマン』の世界に触れられたので、今度は『ベスト・オブ・スパイダーマン』を読んでみたいと思う。
またコミックファンからも本作は不評のようだ。

AMAZON通販

スパイダーマン:ワン・モア・デイ (ShoPro Books)
J・マイケル・ストラジンスキー ジョー・カザーダ
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 87,750
スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)
ダン・スロット
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 77,509
スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2 (ShoPro Books)
ボブ・ゲイル
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 62,040

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

自ブログ『スパイダーマン』関係リンク一覧

アメコミ感想:連載関係

『ベスト・オブ・スパイダーマン』を読みました。
【アメコミ】スパイダーマン:ステイシーの悲劇【感想】
【アメコミ】ロード・トゥ・シビル・ウォー【感想】
『シビル・ウォー』を読みました。
【アメコミ】『アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウォー』【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:ブランニュー・デイ 3【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:ニューウェイズ・トゥ・ダイ【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:エレクション・デイ【感想】
【アメコミ】スパイダーマン:アメリカン・サン【感想】

アメコミ感想:外伝関係

【レビュー】スパイダーバース
【アメコミ】エッジ・オブ・スパイダーバース【感想】
【アメコミ】ワールド・オブ・スパイダーバース【感想】
【アメコミ】『マーベルズ』を読んだのでレビューした。
【アメコミ】スパイダーマン:ブルー』【感想】

映画感想

スパイダーマン3 2010年度148本目
△アメイジング・スパイダーマン 2012年度113本目△「全然アメイジングじゃない。」
◎アメイジング・スパイダーマン2「原作コミックの具現化?」84点◎
★【96点】スパイダーマン: スパイダーバース【映画感想:レオパルドン級の大傑作】★
◎【82点】スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム【ネタバレ解説 考察 :ミステリオに魅了された】◎

ゲーム感想

【PS4】Marvel’s Spider-Man【攻略したので感想】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA