【海外ドラマ】ラブ、デス&ロボット【ネタバレ感想:全話簡易レビュー】

製作

2019年アメリカ映画

制作

ティム・ミラー
デッドプール
マイティ・ソー/ダーク・ワールド(冒頭の映像)
・デスティニー2(ゲーム内イベントムービー)
・バットマン アーカムナイト(ゲーム内イベントムービー)
・バットマン アーカムシティ(ゲーム内イベントムービー)

概要

ティム・ミラーの運営するCG制作会社ブラースタジオとNetflixが制作する
合計18話の完全オリジナルのアンソロジーで構成されたアニメシリーズ。
1話15分という短編。
制作総指揮にはデビッド・フィンチャーの名前もあるがティム・ミラーも制作総指揮にあり。
ティム・ミラーが全てのストーリーを監修。
ほぼ全てがSF。
正史とは違う歴史を歩んだ世界の物語や、
遥か未来の物語など、多種多様な物語で構成され、
作風もブラースタジオが得意とするゲームムービーの人間が活躍する映像から、子供アニメ風のCGアニメ、
独特なたっちのCGアニメの他に、2Dでの手書き風のアニメなど様々。

またランダムでエピソード順が変わっているのが特徴で、
自分の場合は『ソニーの切り札』から始まった。

また本作は大人向けの作品として、
エロやグロをふんだんに盛り込み、シナリオ自体も皮肉めいたものになっている。

2019年3月28日鑑賞完了 



IMDbTOPテレビ番組

Netflixで配信されたアンソロジーアニメシリーズ。
タイトルに「ロボット」とあるため、内容は近未来SF的な作風のアニメがほとんど。
『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4』を見始める前に、せっかくなので見てみようとしたが、
あまりおもしろくなくて途中で断念したが、
IMDb(インターネット・メディア・データ・ベース)を見ていたら、凄まじく本作が高評価だった。
それなら映画好きとして全話確認しなければいけない。と凄まじく無駄な使命感。
そんなわけで全話鑑賞完了。

あんまりおもしろくなかった

そんなわけで各話の感想。

ソニーの切り札

ティム・ミラーのブラースタジオっぽいリアルな人間のCGムービーが下地になっているが、
怪獣闘技場を舞台にしたそれを操る闘士と雇い主のいざこざ。
さっそくエロやゲイやグロが描かれる。
根本的に映画鑑賞と同時に高画質コンソールゲームファンなので、
この手の高画質CGムービーには慣れてしまっている。

ロボット・トリオ

11分と短めな内容。
コメディよりで、人類が滅亡した世界で生き残ったロボットたちが、
人間の文明社会を体感して解釈しようとするゆるいお話。
三体のロボットがそれぞれ別会社風でデザインや中身に個性があって面白い。

via GIPHY

via GIPHY

最後のオチが謎。

目撃者

人間風の風俗系のロボットが殺人事件を目撃し、
犯人に追われる。
途中で出てくるハプニングバー風のポールダンスなど全裸の女性が出てくるが、
デザインがカラフルで気持ち悪い。
リアルな街並みはすごいのだが、話とデザインが苦手。
大人向け感が露骨すぎる。

スーツ

農業をする小型ロボットに乗ったおじさん。
実はこの場所は宇宙人の侵略が頻繁に起きるため、
そのロボットに兵器を組み込んで彼らを撃退していた!
という熱いロボットアニメ。
農業とロボット、正確にはバトルスーツだが…という組み合わせが見事。
しかし話が短絡的な印象。
でもオチもあってびっくり。
デフォルメされたゲーム風の映像も含めてデザインも良くて結構よかった。

魂をむさぼる魔物

ここまでくるとアニマトリックスやゴッサムナイトなどを彷彿させてくる。
これはアニメ。
おもしろくなかった。

ヨーグルトの世界征服

謎。
とりあえず6分で終わる。
デフォルメされた人間も可愛くて素敵。
ここまでアンソロジーだとどっかのオープンな映像クリエイターがムービーをアップするサイトのように思える。

わし座領域のかなた

またもゲームのムービー映像を彷彿させる高画質映像。
人間がSEXしたりと大人向け。
純粋な宇宙SFものの展開。
高画質で素敵。

グッド・ハンティング

アニメーション。
中国を舞台にした化け物との少年の交流だったが、
香港を舞台に移し、文明開化の結果、スチームパンク風の都市を舞台。
そこで再会した大人になった2人の不思議な関係。

via GIPHY

これは非常に興味深かった。
映像も面白いが、話も面白かったなと。

ゴミ捨て場

皮肉の効いたホラー風な小話。
でもキャラのデフォルメでキャラクターや世界観が際立っていて、
ちょっと笑える。
ゲーム会社のCG制作能力はピクサーの技術を超えている部分ある。

シェイプ・シフター

またもゲームのムービー映像を彷彿させる高画質映像。

via GIPHY

アフガニスタンの米軍と現地民との抗争の中に潜む、
狼男の物語。
マッチョで美形な男がいけてる狼男に変身して、
ものすっごいテレビゲームっぽいが、
アクション性が高くて素敵。

救いの手

『ゼロ・グラビティ』をブラースタジオとこの企画の眼鏡を通すとこういう話になる。
10分の短編。

フィッシュ・ナイト

10分の短編。
結構意味わからないアニメでオチもクソもないが、
ファンタスティックなアイデアものとしてよかった。

ラッキー・サーティーン

SFアクションゲームの一片のような展開。
高画質で綺麗。

ジーマ・ブルー

好きな作品。
鬼才の芸術家青に取り憑かれた男の正体と最後の作品の目的は?

via GIPHY

これも2Dアニメだが、面白かった。

ブラインド・スポット

普通。

氷河時代

『スパイダーマン3』のトファー・グレイスと『10クローバフィールド・レーン』のメアリー・エリザベス・ウィンステッドに
ティム・ミラーが監督した短編。
引っ越してきた2人の家の冷蔵庫の中では文明社会があったというかなり荒唐無稽な内容。
CGと実写を駆使しているが、意味はわからんが、嫌いにはなれない。

歴史改変

謎の未来のハイテク装置から繰り出されるもしも過去が変わったらなのだが、
その思考パターンが謎すぎて変。
変な作品。

秘密戦争

ゲームのムービー映像を彷彿させる高画質映像。
第二次世界大戦風の兵士たちが怪物たちと戦うアクション大作。

via GIPHY

16分。
アクションが派手で面白い。

総評

尺が短すぎて推しキャラのドラマがなくて感情移入できない。
  やはりドラマには葛藤が必要で話がワンアイデアであんまりおもしろくない。
  こういうゲームやってて見なれてて、そこまで驚きはなかったので加点できない。
  テレビゲームの中のイベントムービーでの大アクション大作として燃えるがこれだけだと微妙

というわけで、部分では面白いなって思うこともあったが、
全体的に見るとまぁ過大評価されているなって思った。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

Netflix独占配信作品感想一覧

1.○【67点】バッドママ【映画感想 ママコメディ】○
2.◯【76点】ROMA/ローマ【映像全てが美しい写真のよう】◯
3.△【61点】バスターのバラード【コーエン兄弟の自由な映画製作】△
4.【海外アニメ】リック・アンド・モーティ シーズン3【面白すぎる】
5.◎【83点】ブラック・ミラー: バンダースナッチ【あなたが物語を選びトゥルーエンドにたどり着け】◎
6.【海外ドラマ】ラブ、デス&ロボット【ネタバレ感想:全話簡易レビュー】
7.△【47点】ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー【Netflix】△
8.【Netflix】ULTRAMAN【漫画のアニメ化ネタバレ感想】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA