◎【80点】ジョジョ・ラビット【解説 考察 :意外とパンチがなくて真面目な映画】◎

ジョジョ・ラビット

製作

2019年アメリカ映画

現実味の無さで隠す
ナチス党への怒りと戦争の悲劇

監督

タイカ・ワイティティ
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
・ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル
・マイティ・ソー バトルロイヤル

キャスト

サム・ロックウェル
・月に囚われた男
・スリー・ビルボード
セブン・サイコパス
・コンフェッション

タイカ・ワイティティ
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

スカーレット・ヨハンソン
her/世界でひとつの彼女
・ゴーストワールド
アベンジャーズ
・ロスト・イン・トランスレーション

レベル・ウィルソン
ピッチ・パーフェクト
・ロマンティックじゃない?
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
・ワタシが私を見つけるまで

アルフィー・アレン
ジョン・ウィック
ゲーム・オブ・スローンズ
ザ・プレデター

スティーブン・マーチャント
ファイティング・ファミリー

あらすじ

第二次世界大戦末期1945年頃のヨーロッパのドイツのどこかの街。
この時期ドイツはナチスの支配下にあった。
ヨハネスことジョジョは、母親のロージー(スカーレット・ヨハンソン)と二人暮らし。
父親はイタリアに出兵しその後連絡はない。
ジョジョは姉がいたが最近インフルエンザで死去。
愛国心の強いジョジョは、空想上の友人としてナチス・ドイツの国家元首アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を作り、
彼と交流しさらに自国への愛と武力での支配の気持ちを高めていく日々だ。

10歳のジョジョはナチス党公認のファシズム青少年組織ユングフォルクに加入するために、
ヒトラーユーゲントの行う初心者野外キャンプに親友のヨーキーと参加。
隻眼のクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)とその忠実な右腕フィンケル(アルフィー・アレン)、
女性アシスタントのフロイライン・ラーム(レベル・ウィルソン)たちとその部下たちの指導の元、
参加した10歳になった少年少女たちは訓練を行う。

しかし訓練中に小柄で純粋無垢なジョジョは上級生に目をつけられ、
ウサギ殺しの残虐非道な行いを見せられて、ショックを受けて逃げ出してしまう。
それ以来、ジョジョは、ジョジョ・ラビットと不名誉なあだ名をつけられてしまうのだった。
落ち込むジョジョはヒトラーに叱咤激励を受けて、元気を取り戻し、
颯爽と手榴弾投げ訓練に参加、

via GIPHY

説明もよく聞かないまま指導員のクレンツェンドルフから手榴弾を奪い、
投げるのだが、それが木に跳ね返って、自分の近くで爆発。
結果怪我をしてしまったジョジョは自宅に意識不明のまま強制送還。
五体満足で復活した彼だが、顔に傷が残ってしまう。
それを知った母のロージはクレンツェンドルフに怒りの抗議。
2人には何かしらの親交があるようだ。。。

めげないジョジョはクレンツェンドルフに国家元首のために新たな仕事を受諾しに行く。
今回の件で、デスクワークに左遷されたクレンツェンドルフとその仲間たちは、
ジョジョに街へプロパガンダのチラシ張りなどを依頼し、ジョジョはそれを熱心に行う。

そんなある日、家で過ごしていたジョジョは、
姉がいた部屋から物音がするのに気が付く。
部屋を調べていた彼は、部屋には隠し部屋があり、そこでユダヤ人の少女を発見してしまう。
ユダヤ人を化け物と教えられていた彼は、彼女を恐れ、また通報しようと考えるが、
逆に彼女に脅されてしまう。。
ヒトラーと相談したジョジョは、支給されたナイフを持って、彼女を襲撃しようとするが、
逆にナイフを奪われてしまう。
彼女は、亡き姉の同級生のエルサで、親戚の家から母親のロージーが同情し引き取ったのだ。
ロージーが引き取ったことはエルサは言わなかったが、ナイフをなくしたら、
酷い懲罰をうけてしまうとジョジョを脅すエルサ。
ジョジョは酷く動揺して逃げてしまう。
それ以来ナイフをなくしたことがバレないように
クレンツェンドルフに会いに行くにも動揺する日々の彼。
またナチス・ドイツのために、ユダヤ人の弱点をまとめようと考えたジョジョは、
彼女を観察に試みるが、逆に彼女の暇つぶしに利用されてしまうのだが、
美人のエルサにジョジョは知らず知らずに恋心を抱いてしまい、変な嘘をつくようになってしまう。。。。
そしてユダヤ人を虐殺することを命令するナチス・ドイツや武力主義の愛国心がエルサへの恋心のせいで、
徐々に揺らいできてしまうのだが。。。。

2020年1月19日劇場鑑賞 2020年3本目



いやエルサの存在ってすっごいネタバレなんじゃねぇのか??

正直本作がそういう映画だってのは、知らなかったんです。
映画を見てびっくり!え?ユダヤ人出てきちゃうの?って。
そこからは少年の価値観が刷新されてきて、
むしろ戦時中のヒトラーの影響下にあって歪んでしまった少年が、
正しい心を取り戻すという物語で、
その正しさを感じる少年の目線で、
戦争の惨たらしさや歪んでしまった世界に善人であろうとする
ジョジョの真なる姿勢に感動する映画なんだなぁと。

いやまぁタイカ監督の作品だったからもっと頓珍漢な展開が目白押しかと思いきや、
その部分は背景やアートの面にて追加されていて、
あくまでも本筋はナチス影響下の少年の歪みを描き、
そこから見える戦争やナチスの歪みの映画なんだなぁと。

そういう意味では、エルサの存在は、物語を語る上で絶対的なガジェットなので、
別に広義の意味のネタバレには該当しないかもしれないが、
日本公開直前までその話なかったのに、
公開後の新聞広告で一気にそれを載せて、
この映画は第二次世界大戦のナチスのユダヤ迫害ものの
シネフィルアート映画ですよ感だされてしまうと
俺の好きなワティティじゃないと言っても過言ではなかったが、
むしろ『ハント・フォー・ザ・ワイルダー・ピープル』と変わらず、
孤独な少年の成長物語としては、一貫しているし、
その少年が変な状況下に陥ってクスクス笑えながらもエンタメしちゃう感は、
全くもって同じカタルシスなので、
社会的価値の高い作品色だが、
紛れもない俺の大好きなワイティティだったと
映画オタのドヤ顔でマウント取らさせていただきます。

ワイティティもユダヤ人だった

パンフレットを読んでびっくりしたが、
肌の色や名前からして、
マオリ系とかあったかい地方の原住民族の血筋の方なのかな?って思ったら、
母親がロシア系ユダヤ人という衝撃。
ハリウッド大作『マイティー・ソー』で大成功をしたらきっちり、
自分のルーツであるユダヤ人の痛みについて、真剣に考えて、
それを自分の力を持ってどう描けるか、
どうあの恐ろしさを映画に内包し、
そしてどう自分の個性で物語を着陸させるかを心得ていた天才映画製作者だったタイカ監督。
演じる人が誰もいなかったからか自身でヒトラーを演じて、
あくまでも彼のイマジナリーラインで成り立たせる手腕本当にすごい。

そして原作小説があったにも関わらず、大幅なアレンジを加えて、
難しい題材をエンタメとも社会派とも取れる作品にしたことで
アカデミー賞の脚色賞を受賞して、
映画製作者として上り詰めてて、やっぱりすげぇなぁと思った。
『シェア・ハウス・ウィズ・バンパイア』あのとき劇場で観てた俺えらい。

サム・ロックウェルまたも大活躍

via GIPHY

サム・ロックウェル先生がまたもモーホー系な役ながらも
え?ナチスにこんなおらついてない酔っ払い系の心優しいおっさんいたのかよ?
というしかもさりげなく反戦派という絶妙すぎるポジションを好演。
ワイティティらしさも醸し出してくれて、彼の顛末がまた男泣き級に泣ける。

レベル・ウィルソンもワイティティらしいずんぐりむっくり無口姉さん。
アルフィー・アレンも良キャラ。

そいやスカーレット・ヨハンソンは本作で助演女優賞のノミネート。
うん。すごかった。

via GIPHY

via GIPHY

via GIPHY

天才子役結集

ジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイヴィス。
彼は父親が撮影監督で母親が脚本家という超エリート映画家庭。
初主演とは思えない演技力。
そしてオフショットの可愛さが凄まじい。
エルサを演じた俳優さんもむっちゃ綺麗。

via GIPHY

そしてそして最高の癒し系ヨーキー。

via GIPHY

ヨーキー。ヨーキー。ヨーキー。

via GIPHY

ヨーキーもナチス影響下で頭角を表しまくってるけど、
ジョジョとはいつまでも親友。
最終盤では、死亡フラグがありそうだったのに。。。
裸の大将モードで「家に帰ってお母さんを抱きしめたい」とギャン泣き間違いなし発言。

クライマックスはハリウッド映画ばりの盛り上がり

via GIPHY

第二次世界大戦末期とあり、やはり終盤では戦争シーンが描かれる。
そのシーンのテンションもやばいが、一気に惨たらしい戦争という側面が克明に刻まれ、
ジョジョはこの行いの間違いに気づき大人の階段を上る。
このシーンの演出の幅こそ、
コメディ映画での低予算での経験と
ビッグバジェットでの経験が見事に監督に根付いているの実感した。

上品すぎるのでは

欲を言えば良くできすぎている。
第二次世界大戦の末期という設定に対して
ドイツ人少年のユダヤ迫害とナチスの正義に葛藤するというプロット。
これだけでも十分過ぎるほどパワフルなのだが、
そこからもゲシュタポの捜査、レジスタンスだった母の首吊りや終戦末期の敗戦国の末路など、
意外に一本道過ぎるとこがあり、
作品としての余白がなかったと思う。
その力強過ぎるプロットを監督たちは、ユーモアたっぷりの服装や、
音楽、色調、そしてイマジナリーヒトラーとのやりとりなどで味付けしているが、
ちょっと期待値に対してパンチに欠けていたかなと思う。
でもヨーキーは最高だった。
ヨーキーの発言。行動。全てが愛らしかった。

最後の方ありえない?いやそもそもこの映画言語が英語だぞ!

文句がある人もいるのかなぁと言う真面目な作風の映画なのですが、
色々と最序盤から、それを言うならそもそもドイツが舞台なのに英語の言語の映画だよ!
という最初から一線がぶっ壊れている作風。
後半母親がいない状況でどうやって生きてんだよ。服なんでそんな綺麗なんだよ。
ってなるといやイマジナリーフレンドがヒトラーの映画だぜ。
そういうイマジナリーラインで作られた映画だからね。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 8/10
・映像のアプローチ 7.5/10
・映画の美術面 8.5/10
・キャラクターの魅力 8.5/10
・音楽 8/10
・上映時間と個人的趣味 8/10

80点

AMAZONレンタル

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル (字幕版)
(2017-04-26)
売り上げランキング: 4,101

AMAZON通販

ジョジョ・ラビット(オリジナル・サウンドトラック)
サントラ ウィーン少年合唱団 オムニバス
ユニバーサル ミュージック (2020-01-17)
売り上げランキング: 25,064

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA