【映画】300〈スリーハンドレッド〉【あらすじ 全部ネタバレ!】

2013年136本目 11月21日自宅Blu-ray再鑑賞
「スパルタ兵やばす!」

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]
アメリカ2007年アメリカ映画アメリカ

監督
ザック・スナイダー
(『エンジェルウォーズ』『ウォッチメン』『マン・オブ・スティール』)
出演
ジェラルド・バトラー
(『エンド・オブ・ホワイトハウス』『完全なる報復』『オペラ座の怪人』)
マイケル・ファスベンダー
(『プロメテウス』X-MEN: ファースト・ジェネレーション『SHAME -シェイム-』『イングロリアス・バスターズ』)
予告編


あらすじ 全部ネタバレ。
紀元前480年前後のヨーロッパ。
スパルタの兵士ディリオスは語りだす。
それはスパルタの王のレオニダス(ジェラルド・バトラー)のお話だ。
スパルタの軍事的な教育を生き抜いて来た王レオニダス。
幼少期から30年の月日が経ち、王として君臨するレオニダスのスパルタの下に敵国ペルシアからのスパルタへの降伏を要求することを伝える使いが現れる。
それに対して怒るレオニダス。「これがスパルタのやり方だ!」と怒号を上げるレオニダスはその使いを高い壁から落とすのだった。
ペルシアの軍勢は一万を超えることを知っているレオニダス。議会も降伏を提案。レオニダスが頼る占い師にも聞きに行くが、彼らもまた降伏を提言する。
しかし議会も占い師もペルシアによって金を握らされているのだった。
しかし生粋のスパルタ人のレオニダス。スパルタの誇りの為、彼は頼れる部下300人と共に散歩に出かけることを決める。それは、命をかけた一世一代の散歩だ。
つまるところの、ペルシアの侵攻をたった300人で止めようというスパルタ。それに呼応する隣国の義勇軍。
二方は協力し、地の利を活かしたスパルタの戦により圧倒的差があるペルシア軍の侵攻を誰一人傷つくことなく停滞させるのだった。
その見事な戦も、結局は時間稼ぎに過ぎない。圧倒的な戦力を持つペルシア軍はスパルタを苦戦をしながらも退ける。しかしレオニダスの最後の力は強大だった。ペルシアの王に深い傷を負わせるのだった。撤退を余儀なくさせられるペルシア軍。
それから一年後。300人のスパルタ軍の中で一人撤退を命じられたディリオス。
彼は今まさにペルシア軍との戦いに臨もうとしていた。
スパルタ軍はレオニダスの伝説を聞き以前とは違い3万はいる。彼らにレオニダスの勇敢さとスパルタ軍の力を教えまさにこれから戦が始まるのだ!
と映画は終わるわけです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です